HOME>Topics>【高校から学べる】ゲームの仕事に就きたい人の為のお役立ち情報

【高校から学べる】ゲームの仕事に就きたい人の為のお役立ち情報

ゲーム機

ゲームクリエイターとは

ゲームクリエイターは資格が必要な職業ではありません。またゲームをつくる総合的な職業の名称のため、職種が色々あります。ゲームメーカーの就職試験に合格すれば誰もがなれる仕事です。しかし、職種によっては就活の時点でも専門的な技術と知識が求められますので、早くから専門的な勉強をしておくことが得策です。また、自作の作品があると評価の対象になることもあるので、実践できる環境が重要と言えます。ですから、高校からゲームの勉強をしておくことは将来ゲームクリエイターになるための近道でもあるのです。

ゲーム機

【親を説得する方法】ゲームだって良いことがある

そうは言ってもゲームの高校に行きたいと言えば親に反対されてしまうかもしれません。ですので、親を説得するためにゲームをすることでのメリットを紹介します。ゲームををするメリットとしては、記憶力や考える力が上がるということが挙げられます。最終的なクリアを目指して記憶力が必要になるのです。また、どうすればクリアできるのかと考え、試行錯誤する力が育ちます。また、脳に良くないと思われがちのゲームですが実は手指を細かく動かすことで脳が活性化される側面がありますので、あながち悪いとも言えないのです。

ゲームクリエイターの仕事3選

ゲームをする人

プランナー

ゲームを作るに当たってコンセプトや世界観を創造するのがプランナーの仕事です。ゲームの核を決めると言っても過言ではありません。

デザイナー

キャラクターや背景をプランナーのイメージに合わせて作り上げるのがデザイナーの仕事です。イメージを形にするセンスと想像力が必要な職種です。

エンジニア

ゲーム内部を構築するのがエンジニアの仕事です。プログラミングを理解できる専門的な知識と技術が必要な仕事です。プランナーの計画とデザイナーのセンスを組み立てる職種です。